• 大阪造幣局櫻花通道

    大阪造幣局櫻花通道

     

    大阪造幣局の桜通路は古く、1883年(明治16年)、当時の造幣局長の遠藤謹助さんが、公式者の桜を見た通路が一般市民を起源にしたことを提案した。

    大阪製幣局の桜通路が「日本の桜の名所100選の1」として選ばれた。

    ここで最大の特色は、2017年までに350本の桜が植えられていますが、この中にはなんと134種類もあると思います。そして毎年、新しい品種が増えているということです。

    ここでは珍しい桜をいくつか紹介します。行きたい時に探してみてくださいね~

    御衣黄:花の色は浅緑でとても珍しい

    この「毛玉」もとても可愛いですよ!

    2017 年 に 増 植 し た 花 品 種 は 金 ( UKON ) で , 花 の 色 は わずか 7 % で あっ た 。

    まだたくさんあって、写真を全部完成できませんでした。
    また、昼と夜の桜を楽しみたいなら、夕方17 : 40分ごろに到着することをお勧めしますが、これでは同時に鑑賞できるようになりました。具体的には以下の画像を参考にしてくださいね~~

     

     

    天下茶屋民宿「小百合」からはとても便利で、地下鉄堺筋線から南森町まで、さらに谷町線1駅を回転させて天満橋駅に到着し、26分で着く(片道230円)。
    天満橋駅は人流に従って歩いて5~6分で桜通路の入り口に着く。

     

    桜通路のそばにはおいしい街がありますが、桜を楽しむついでにいろいろな味を味わってみてください。

    毎年 4 月 初め に 1 周 间 を 开 い て ,2018年にあなたを待ちしております。


    天下茶屋民宿「フクモリハウス」でお会いしましょう~~~~~~~

     

     

     

     

Mail:lin2008bosheng8@yahoo.co.jp
担当者:林 伯盛(りん はくせい)
電話:81-90-1138-8765
日本国内:090-1138-8765
WeChat:youzi11388765
Line:lbs8888